インプラント術後喫煙

インプラント術後に喫煙について

インプラントの喫煙を控えて

インプラント治療は、近年すっかり定着してきました。しかし、手術の技術は進化しましたが、インプラントは歯茎を切って埋め込むので出血もありますし、麻酔が切れた時の痛みは強いです。喫煙者にとっては辛いでしょうが、術後の喫煙はしばらく避けてほしいですね。たばこは歯によくないと言われます。ニコチン、タールが歯に着色しエナメル質を侵します。結果歯周病菌を招きやすいのです。たばこを吸っている人の大半は、歯周病患者というデータもあります。歯は健康のバロメータです。年をとっても健康な歯を維持していきたいものです。

インプラントへの喫煙の影響

インプラント歯、歯がなくなった部分に人工歯根をうめこみ、それが顎の骨と密着することで、上に被せた人工歯冠が普通の葉と同様に食べ物を噛む力が持てる治療法です。インプラント治療には、骨移植や骨造成術をおこないますし、手術の傷後が完全に閉鎖をする必要があります。もし、喫煙をすれば、この手術において、タバコのニコチンが、免疫力を下げ、白血球の作用が低下し歯肉に炎症が起こりやすくなります。さらに、タバコのニコチンは血管を収縮させ、喫煙によって発生する一酸化炭素は、血液が酸素を運ぶ能力を妨害して、血流を悪くするので、人工歯根を支える骨や歯周組織が弱り、人工歯根外れる可能性もあります。この治療を受けるためには煙草は吸わないようにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラント喫煙の影響について All rights reserved