インプラント喫煙関係

インプラント喫煙の関係について

インプラント失敗と喫煙の関係

インプラントの最大の敵に歯周病がありますが、歯周病は喫煙者ほど重症化しやすい傾向にあるのでこれらには大きな関係があると言えます。タバコに含まれるニコチンには血行を悪くする作用があるため、栄養が隅々まで行き届かなくなります。そのため免疫力が低下することで歯茎の状態が悪くなり、歯周病菌の活動が活発化してしまうのです。逆に言えば喫煙者が禁煙することで口腔内の状態が良くなり、口腔内の状態が良くなることでインプラントの成功率が上がることにつながるのです。成功率を上げるためは正しい歯磨きをし口腔内を清潔にすることも大切ですが、禁煙するということも大切な要因なのです。

喫煙とインプラントの関係

インプラントは、喫煙により失敗率が変わってきます。吸っていない人に比べると10%近く高まるとも言われています。手術では、骨を歯茎に傷ができるため、タバコによる血流阻害や酸素供給阻害、新しい組織を作る細胞増殖の抑制、白血球の活動抑制、歯肉の硬化、唾液の減少などが引き起こされることで、失敗率が上昇します。特に、血流が悪くなることで、骨や歯肉に酸素や栄養が行き渡らずに抵抗力が下がってしまい、細菌に感染しやすい環境を作ることになります。楽しく食事を行う、友人と楽しく会話する、自身の健康を保つなどのためにもインプラントを行ったら禁煙が望ましいです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラント喫煙の影響について All rights reserved