インプラント喫煙寿命

インプラント喫煙したら寿命は

インプラントの寿命と喫煙の関係

インプラントの寿命と喫煙には大きな関係があります。タバコに含まれるニコチンは血行を悪くする作用があります。そのため栄養を身体の隅々まで送ることが出来ず免疫力が低下するのですが、その影響は口腔内にも歯周病の進行と言った形で現れます。歯周病はインプラントを埋め込む骨を溶かす危険性もあるため最大の敵と言っても過言ではなく、成功率を上げるのも抜け落ちてしまうのも歯周病が大きく関係しています。喫煙者であれば禁煙をし、口腔内の環境を整えておくことが重要です。高額な治療方法なのですから、寿命を延ばし長く使うことを目標としましょう。

インプラントと喫煙について

インプラントの治療を行った場合には、禁煙をすることがよいとされています。喫煙をすることによって、治療した部位周辺部分の損傷が激しいものになってしまい、せっかく治療して得られた歯が抜け落ちてしまうリスクが高まってしまうため、注意が必要です。また、インプラントの手術の直後はタバコを吸うことが禁止されることがほとんどです。治療によって埋め込んだ金属とあごの骨などが定着するまで、なるべく刺激を与えないことが重要になっているため、手術後2週間以上は禁煙をする必要があります。22週間の禁煙が無理な場合は手術ができないため、注意が必要です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラント喫煙の影響について All rights reserved