インプラント喫煙影響

インプラント喫煙の影響について

喫煙はインプラントにどう影響

顎に埋め込み固定されるインプラントですが完璧ではありません。普通に使う分には問題ありませんが煙草が絡んでくると話が違ってきます。喫煙の影響は大きく骨が弱ってうまく結合しませんし、歯肉の炎症や歯周病のリスクも高まります。一酸化炭素の影響で免疫力も弱まり感染症の危険もあります、非喫煙者を対象に用いられるので、煙草を吸っていても施術は出来ますがその後を考えると非常に危険なのです。もし施術をしたいなら禁煙をするかインプラント治療を諦めるほかありません。煙草は健康を害することは勿論のこと、歯に関しても例外ではないのです。

喫煙のインプラント治療への影響

喫煙はインプラント治療にどのような影響があるのでしょうか。歯科医療の現場ではリスクをともなうという声で一致しています。煙草のニコチンは血行を悪くしてしまうので、傷口が治りにくくなったり、炎症を引き起こしやすくなったりします。骨移植をしなければいけない場合、喫煙習慣のある人は治療を断るという歯科医院もあります。ある研究機関の報告では、煙草を吸うことがインプラントの脱落を引き起こしやすくなっているという報告もあります。ですので煙草を吸っている人は、手術の成功率を高めるためにもこの機会に禁煙することが推奨されます。

インプラント喫煙の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © インプラント喫煙の影響について All rights reserved